ムダ毛

そもそも、いやーなムダ毛はなぜ生えるの?

ムダ毛と私たちは呼んでいますが、本当は、弱い部分を守るために生えている毛なんですよ。体温をキープしたり、紫外線などから肌を保護するための、皮膚の一部であると言うことですね。でも、昔と今は文化もいろいろ変わってきているので、余計な部分はムダ毛として処理することになります。
では、このムダ毛が生える仕組みはどうなっているのでしょう。
肌には、毛孔という毛の生えてくる穴があります。いわゆる毛穴のことですね。ここには毛幹があって、毛の生える準備をしています。
休止期には見えませんが、成長期になって肌の表面に出てくるようになります。そして退行期と呼ばれる時期に入ると、自然と抜け落ちるというサイクルですね。
また、ムダ毛が生えてくるのには、ホルモンが関係しています。男性ホルモンが強いとムダ毛は多くなります。
男性が薄毛になるのは、逆に女性ホルモンが強いからとも言われていますね。
男女ともに、男性ホルモンも女性ホルモンも持っているものなので、このバランスによってもムダ毛の多さなどが出てきます。
毛母細胞というのが、発毛を促していくものなのですが、これが男性ホルモンの刺激を受けるとムダ毛は増えていきます。
ホルモンバランスの崩れがちな更年期の女性にもムダ毛の多さが出てくるのです。

男性はどのくらい女性のムダ毛を気にしているもの?

ムダ毛と言うのは、人によって意識の差が大きいもの。
わきの下のムダ毛を処理するのはとても一般的なことですが、他の部分のムダ毛に関しては、特に意識が違うようです。
これだけ脱毛がメジャーになった今でも、全身脱毛をしている人と言うのは意外にも少ないのが事実。
あるアンケート調査では、全身脱毛をしたことがある人は、全体の約3%。
残りの約97%の人は、全身脱毛はしたことが無いという結果が出ています。
エステや脱毛サロンでは、全身脱毛が昔よりも格安になった今でも、これだけの人が全身脱毛をしたことがないんですね。
ですから、各部位ごとのムダ毛ともなると、さらに意識の差が広がるでしょう。

 

でも、自分では「気にするほどではない」と思う女性のムダ毛でも、男性は結構チェックしているものです。
「腕や足は出さないから」と言う方ほど、特にガードが甘くなってしまうようですが、男性が気にするのは腕や足のムダ毛だけじゃありません。
手足の指のムダ毛、すねに生えているムダ毛、うなじから背中のラインに生えているムダ毛。
こういった女性のムダ毛も、男性は意外に見ているものなんです。
特にうなじや背中は、自分の目が届かないものですが、他人からは後ろ姿はよく見えます。
いくら流行のファッションで決めていても、ダイエットをして抜群のスタイルになっても、ムダ毛が生えていることで幻滅する男性は少なくないんです。
ムダ毛処理は自分の視点ではなく、男性からどう見えるか、ということを意識して行うものレディの身だしなみと言うことなんです。